wee-jay

瞑想(迷走)中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

衛藤ヒロユキ/魔法陣グルグル2 第1章

魔法陣グルグル…90年代に子供時代を過ごした方なら知ってる人も多いと思いますが、そうですキラキラという剣を使いネコっ毛でバンダナが好きな勇者と、その勇者と旅をする黒いローブを着たみつあみのかわいい女の子が杖で地面にグルグルっと絵を描いてユニークな魔法を使うあれです(あとキタキタとか)。

べームべームとかとかげのしっぽとか長い声のネコとか覚えてる人は多いと思うのですがどうでしょうか?
ていうか小学校の頃ノートに魔法陣描いてた人多いんじゃないでしょうか?
(あとキタキタとか覚えてる人多いんじゃないでしょうか?)

RPGの世界観(衛藤先生はかつてゲームライターをしていたほどのゲーマーで、グルグル連載前はドラクエ4コマを執筆。シュール極まりない切れきれギャグを量産してました)と衛藤先生しか書けないような独特な切り口のギャグが交わり、さらにかわいいキャラと変なオヤジを量産し、そこにメルヘン趣味と東洋の世界観やほのかなサブカルテイストを全部洗濯機に入れてぐるぐる回したようなごちゃごちゃな漫画です。衛藤先生いわく「グルグルはコマの集まり」な漫画。一こま一こま切り取っても僕にとっては宝石です。

個人的な話をお許しください。僕がグルグルに出会ったのは小学校1年生のときで(年ばれるな)、丁度グルグルの最初のアニメがやってたときです。実はアニメ版グルグルにはトラウマがありまして、この頃に今の場所に引っ越してきたのですが、テレビの搬入がアニメ最終回の時間と重なってしまい、まぁ見事に白黒画面でして大泣きしてたんですよね。それで数年後にもう一度アニメ化されたのを期にグルグルの単行本を手にしたのが始まりでした。12~3巻からラスト16巻まではリアルタイムで追えました。フィナーレが最高でしたね。それ以降、10代の僕に最も影響を及ぼしたと言っていい神聖な書物になってしまうんです。僕は今20代前半ですがグルグルを超える漫画にはまだお目にかかれておりません。というか漫画からはもうずいぶん離れてしまってるんですけど、仮にまた漫画にはまったとしてもグルグルは別格の位置に置かれて不動のものになっているでしょう。

衛藤ヒロユキ先生は魔法陣グルグル11年の連載を終えたあとは以前記事に書いた『がじぇっと』や『衛星ウサギテレビ』やいくつかの短編と『週間私のキモいペット』、そして魔法陣グルグルのスピンオフ作品でキタキタおやじが主人公の『舞勇伝キタキタ』を連載…


そして満を持して魔法陣グルグルが再起動。9年越しの復活を2012年11月1日果たしました!!
魔法陣グルグル2-漫画- ガンガンオンライン
いやもう何と言うか、とにかくむっちゃ嬉しいです。WEBマガジンということで、最新話が無料で一ヶ月限定で読めるようになってます。グルグルのことを知ってる人も知らない人も是非読んでほしいです。早速僕も読みました。

以下で簡単な感想でも…(ネタバレあるかも)
グルグルが再開するに当たって以前からの読者が気になるところというのは、
①時間軸
②ニケの呼称
③ククリの容姿(絵柄)
といったところでしょうか。
①の時間軸に関しては魔王ギリが封印されて2週間後(笑)の世界で、時間軸は一期魔法陣グルグルと舞勇伝キタキタの間と思われます。キタキタの時間軸とどう関わるのか気になりますが、設定はあまり気にせず読むのがいいと思いますね。
②に関しては…まぁ読んでくださいと言えばいいでしょうが、ククリは変わらないですねぇ。実に照れ屋さんでして「ニケ君」と呼ぼうにも恥ずかしくて以前のように「勇者様」と呼んでたり、詰まりながら「ニケ君」と呼んでたり呼称は安定してないですね。でもそれが今回の一話の重要(?)なファクターになってたり…
③これは僕が今回非常に驚いたことです。ククリがみつあみじゃない!!!以前修行編のときに髪を切ったことはありますが、今回の髪型変更は以前のそれとはまったく意味が違います。まだ確かな言葉にすることはできないけど、みつあみを解く=ひとつの時代(グルグル1の時代)が終わっているという事実を読者に提示するものではないでしょうか。グルグル2だから1が終わっているのは当たり前のことなんだけど、16巻の最後のコマで時間が止まってたので、また動き出した時間にたいして呆然としてしまうのです。4ページのククリもう10回くらい見て愕然としています。
絵柄は、舞勇伝キタキタのをそのまま引き継いだくらいの絵柄です。衛藤先生は頻繁に絵が変わる漫画家なので、どの時期の絵柄が好きか好みで分かれるのですが、よく見てるとグルグル後期のような感じもしてきます。個人的には衛藤先生のどの絵柄にも良いところがあるので、「この頃の絵がいい!」っていうのはないです。

まぁ再びニケとククリの冒険は始まるようです。一話は導入部分のお話でしたがとても期待の持てる感じで非常に良かったです。ギャグも相変わらずでキタキタにはあまりなかったクサい部分も早速ありましたし、どっからどう見ても魔法陣グルグルは魔法陣グルグルでした。早速次の話が読みたいです。

毎月感想を書いていくかもしれません。よろしくお願いします。



スポンサーサイト
  1. 2012/11/01(木) 01:39:16|
  2. book
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<Osorezan/Mimidokodesuka | ホーム | Albatrosh/Yonkers>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuyaishino.blog.fc2.com/tb.php/34-1e9c17e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【衛藤ヒロユキ/魔法陣】

魔法陣グルグル…90年代に子供時代を過ごした方なら知ってる人も多いと思いますが、そうですキラキラとい
  1. 2012/11/17(土) 00:20:36 |
  2. まっとめBLOG速報

プロフィール

石野裕也

Author:石野裕也
アンテナは広く、フィルターは狭く

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

music (102)
未分類 (14)
trip (1)
book (6)
fashion (6)
movie (2)
anime (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。