wee-jay

瞑想(迷走)中です。

Will Guthrie ‎– People Pleaser

Will Guthrieって誰かと組んで手数多いだけでなく緩急自在で技巧的なドラマーで凄いんだけど、この人Eli Keszlerや先週来日して度肝抜くような公演をしたGreg Foxみたいにソロでも勝負できる数少ないドラマーだと思ってて、実際おととしIdealから出してたソロはドラムでありながら音響的な作品でやっぱり凄かった。んで今年出してきた最新作がコレ。これまた先月来日したアンバーチのBlack Truffleから。

R-9843461-1487238215-9437_jpeg.jpg

これ内容に度肝抜かれます。ドラマーのソロでありながらサンプリング音源のコラージュに録音したドラム演奏をこれまたコラージュした新しいコンクレートなスタイルになってた。ZsのGreg Foxが叩きながらセンサーでPCのシンセに繋いだスネアとタムの叩く場所でメロディーをコントロールして一人で何役やりながら疑似バンドサウンドを来日して見せてくれたように、Will Guthrieにしても本職のドラムソロだけに留まらず全く新しい方向へ挑戦していく姿勢に熱くさせられます。今までやっていた即興とは全く別の編集というアプローチで曲を作るにかかわらず、全く違和感なくこなしてるのはやっぱり持って生まれたセンスなんだろうな。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/20(月) 00:14:36|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Helena Celle ‎– If I Can't Handle Me At My Best, Then You Don't Deserve You At Your Worst

去年Night Schoolから羽根付きカセットで出ていたHelena Celleさんのアルバム。欲しかったんだけど100限で国内では買えず諦めてたんだけど最近になってやっとLP盤が流通してきた。羽根は入ってなくて辛いけど聴ければ別にいい。

R-8686056-1466600198-3534_jpeg.jpg R-9626514-1483840509-8157_jpeg.jpg

音はナヨナヨモゴモゴしたローでファイなハウスで、チープ極まりないシンセと軟弱なリズムが気持ちよく爽快でもある。最後のDistributed Denial Of Realityって曲なんて疾走感すらあるよね。国内で唯一流通させてくれたJETSETさんの紹介文にMC-303シンセでの即興演奏って書いてあるけど本当でしょうか。本当なら天才じゃなかろうか。まだこの名義ではこの作品しか出していないそうで今後も追っていきたい存在ですね。
  1. 2017/03/19(日) 23:45:50|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

石野裕也

Author:石野裕也
アンテナは広く、フィルターは狭く

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

music (102)
未分類 (14)
trip (1)
book (6)
fashion (6)
movie (2)
anime (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR