wee-jay

瞑想(迷走)中です。

Dag Stiberg / David Vanzan / Jon Wesseltoft / Virginia Genta - Det Kritiske Punkt

皆さん最高の夏を過ごしてますでしょうか?

もう夏は過ぎていますが9月にJohn Wieseが来日ということで、はじめ来日の情報がツイッターに流れたとき僕の中で激震が走ったんだけど、日程が徐々に明らかになってきて、連休中にTHE TOKYO ART BOOK FAIRっていうイベントと、落合soupでライブが決まっていて、週をまたげば秩父4Dと充実したスケジュールとなってます。今のところTHE TOKYO ART BOOK FAIRと、落合soupは仕事休んで行きます。東京遠征します。うん、無理矢理でも休むぞ!

さて今日の音源
R-7274893-1439409838-2453_jpeg.jpg

久し振りに超脳筋なフリージャズ聴いたのでこれを。こういう音楽って最近少なくなってるような気がしますね。

カルテットでの演奏で、メンバーは
Virginia Genta - Tenor Saxophone, Melodica, Flute
David Vanzan - Drums, Percussion
Dag Stiberg - Alto Saxophone, Khene
Jon Wesseltoft - Guitar, Electronics
となる。メンバーのことを書いておくと、上二人は、Jookloという言葉を使いまわして様々な名義で活動していて、時にはJooklo DuoだったりNew Jooklo Ageだったり、まぁサックスとドラムで爆音フリージャズやる人らってことですな。しかしNew Jooklo Ageはカセットを持っていて、曲がったサックスとオープンリールで少し電子音楽からノイズな変な音出し続ける音源でして、普通のサックス+ドラムのデュオとはずれた感性も持っているのかな。下二人はMaranataていうノルウェーのノイズユニットでLasse Marhaugあたりと絡みのある人らです。ちなみにサックスのDag StibergもBurning Treeというサックス+ドラムのデュオやってて、かなりスピードの速いキレた演奏してます。Burning TreeのLPもラッセが絡んでたと思います。
あと補足として使用楽器のKhene はラオスのリード楽器です。

ここまで書いたところでどんな音楽なのかはっきりしてるわけだけど、漢汁吹き荒れる特濃爆音フリージャズということで、非常に頭が悪い。3曲目にケーンとか鍵盤ハーモニカ使った間を取った抽象的なインタープレイが入っているのを除けば、最初から最後までひたすら爆音の嵐。上方で2管はだいたい常軌を逸した高音で咆哮している。ひたすら音を重ね合わせるだけでなく、少し引いた角度からテナーの低音でフレーズの崩れたようなものも聞こえるし、この辺は互いの音を聴きながらうまく押し引きしてるなという印象。しかし片時もテンションが落ちないのは素晴らしいところ。ドラムは地底から上方のサックスに同調するかのように恐ろしい手数で叩き続け、ギターも過剰に歪ませてで弾き倒すスタイルでノイジーに背景を埋め尽くしていく。こういうのを待ってたんだよといわんばかりの混然とした音の洪水。

聴いてぶっ飛ばされて、連想したのがボルビトマグースなんだけど、ボルビトよりすげーなこれ。そこまでの重さはないので聴き終わったら割とすっきりします。今メディテーションズさんで品切れになってるけどこういう音好きな人は絶対聴いてみてください。

動画:カルテットでの演奏はなかったので、個々のユニットの演奏を。この二組が合体したらどうなるかわかるよね。

格好良い姐さん

マヤ姐さんと







スポンサーサイト
  1. 2015/08/14(金) 17:35:52|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑い、夏は

こうやって言葉組換えるのヒップホップぽい。

ミドル~ニュースクールは夏の香りがしますね。







  1. 2015/08/03(月) 21:18:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最高の夏にしようぜ

4月くらいにCDコンポの調子が悪いと書いてましたが、2ヶ月くらい前に完全に逝きました。これまでありがとう。
んでCD聴くときはPCにリッピングしてるんだけどこの発想に行き着くまでに1週間くらいかかるというアナログさで、まぁ新しく買ったものと、聴きたくなったものをその度入れてる感じです。この作業が面倒だからか相対的にCD買う量は減り、カセットかレコードばかり買ってます。特にCDとレコード両方ある作品なら間違いなくレコードの方買ってますね。まぁレコードも中心穴が小さすぎたり針飛びに出くわすこともあるのでどっちが面倒なんだか…

今日のブログタイトルが「最高の夏にしようぜ」ということで、

夏といえばTシャツやたら買ってしまいまして、今年はプリントもの1枚も買ってなくてボーダーか無地やポケTが気分です。古着が好きで結構着るんですが、90'sのチャンピオンのTシャツとか、80'sくらいのフルーツオブザルームのポケTとかの"ちょいヴィンテージ"くらいのが面白いです。まだ安く手に入るし、もう少しは枯渇しないでしょうし今のうちかな。この辺ももう少ししたら高騰するかもしれませんし。靴が黒っぽいのが多いから、Tシャツは色で遊んでます。なお最近サイズは大きめ着てます。まぁ着ていくところはないんですが…

あと夏といえば今年はなぜかビール飲みまくってまして、というのも職場の先輩がビールマニアで、ペールエールとかのジャンルを教えてもらったのが始まりですね。安い缶ビール2本飲むよりも、良いビール1本飲もうという発想で、銀河高原ビールとかよなよなエール、インドの青鬼とか飲みまくってます。おいしいビールあったら教えてくだされ。

最後に、今手元に線香花火が1本だけあるのですが、これどうすりゃいいんだ?夏の終わりに一人でやりますかね。
  1. 2015/08/02(日) 22:38:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

石野裕也

Author:石野裕也
アンテナは広く、フィルターは狭く

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

music (102)
未分類 (14)
trip (1)
book (6)
fashion (6)
movie (2)
anime (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR