wee-jay

瞑想(迷走)中です。

Kjetil Møster - Blow Job

夏終わったな。



Kjetil Møster - Blow Job
無題

amazonに在庫有りますね。ジャケはよそから引いてきました。

これがずっと聴きたかった音源で、The Coreなどでサックスを吹いていたKjetil Møsterのソロ。これが出た+3dbというノルウェーのレーベルのソロに焦点当てたシリーズの第二作。ちなみに第一作がMichael Francis Duchのベースソロ、最新の三作目がMorten J.olsenのドラムソロでして、どちらも素晴らしい出来。

作品に戻ると、Kjetil Møsterはテナーサックス。気息音の演奏から無骨なロングトーンまで幅が広い。というか上手すぎる。ヨレたコルトレーンみたいな曲もあるなかやはりぶっとく豪快なバリトンが素晴らしい。高低を存分に使い、希薄なメロディーのの中にもたまに顔を覗かせる和声が少し聴きやすいものにしている。とはいえ、Coreで吹いてる時とは違い完全にフリーな演奏。特に気息音とタンキングのみの5曲目なんてPOPさとリズム感が明瞭で凄い。録音も良く、管体の震えや息遣いもよく録れている。今年、たくさんサックスソロを聴きましたが、これが白眉と思いました。外見と言い、サウンドと言いこれは漢ですわ。


電気使ってますがアルバムはまた違うソロ演奏。素晴らしい。

スポンサーサイト
  1. 2014/08/17(日) 13:49:39|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私のバルカナイズド・スニーカー

IMG_0789.jpg
最近またスニーカー熱が再燃しておりまして…

昔はナイキのバッシュばかり履いてたんだけど、ここ数年はもっぱらこういうぺたっとしたスニーカーばかり。
コレクターじゃないので大したものはありませんが今年の夏はこれで乗り切ります。

中央のVansなんかは8年くらい前に買ったアメリカ企画のものだけどすぐ履かなくなって以来靴箱に入れて封印してたんだけど、昨日久しぶりに取り出してみたらヴィンテージみたいになってて笑った。

一番下のオールスターはヴィンテージにある配色で、トレーニング用のスニーカーとして売られていたものでつま先に鉛が入っていたとのこと。これは2002年の復刻で鉛は入っていません。このカラーは当時にしては絶品だったと思うけど今からしたら普通ですね。

その他のオールスターは、まあオールスターですね。緑が100周年のもので、上のやつはアメリカ製。アメリカ製の方は価値がどうとかそういうことよりこのカラーリングがツボすぎる。現行にはない色。または出せない色。

その横のスリップオンはvolcomのもので、スゲーダサいなと思う。左右非対称で、特に左足クソダサい。右だけ良いのにといつも思ってます。

左上はミルリーフっていう日本のメーカーの物。今現行で一番味のあるスニーカー作ってるところだと思います。僕の知る限りの話ですが。

右上のvansはつい最近買ったもの。今はチェッカー気分なのか。


そんな感じで今は古いvansを探してます。ヴィンテージスニーカーの相場って今はだいぶ落ち着いてると思うけど、正直vansとコンバースは高騰してますよね。いろいろ探しますぞー!!
そしてすべてジーパンとの相性が最高で、夏はTシャツにジーパンというカリフォルニアな格好しかしないんでこういう靴が良い。買ったばかりの古いガンジャTシャツと。秋になったらシャツしか着ないけど、その時もこういう靴が良い。寒くなったらその上にモヘアニットだけど、その時もこういう靴が良い。僕の服装には今はこれしかない感じですかね。

Y氏、スニーカーブログ始めてください!!
  1. 2014/08/03(日) 20:04:53|
  2. fashion
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

石野裕也

Author:石野裕也
アンテナは広く、フィルターは狭く

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

music (102)
未分類 (14)
trip (1)
book (6)
fashion (6)
movie (2)
anime (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR