wee-jay

瞑想(迷走)中です。

Jim Jarmuschの初期の映画3作品を観た

こんばんわ。

Jim Jarmuschという映画監督の初期映画三作品がケーブルで配信されてたのを観たらとても面白かったので何か書いてみます。普段あまり映画観ないので感想を短めに書いていきたいと思います。

ちなみに映画の核心部分のことを書いてるかもしれないので、ネタバレ嫌う人はご遠慮ください。すみません。


まずは、
『Permanent Vacation』(パーマネント・バケーション 1980年)
10029006964.jpg

人間は皆孤独であり、人は野心を持つことや働くことで孤独を忘れようとする。しかしこの作品の主人公はそんな生き方はできない。彼は街を当てもなく彷徨い歩くことで孤独を忘れようとする。一ヶ所に居続けることのできないそんな男の物語。

まぁ、物語といっても時間の流れ方が奇妙に感じます。男が街を歩き回ってるだけと言ったらそれまでかもしれませんが、冒頭のモノローグの表すような時間の流れが分断されているような印象を受けた。
-物語とは点と点を結んで最後に何かが現れる絵のようなものだ。僕も点から点へと移る。点と点の間に完成された物語などというものはない。-

点と点、言い換えると場面と場面の間をただ移り、その間には脈絡が希薄に感じるのです。後述するサックス奏者、ヘリの音ににおびえる元軍人、気の振れた女性、精神病院に入院してる母など。考えようによってはリアルな視点なのかもしれない。街を歩いててもいろんな人がいて場所があり、そのそれぞれの間に関係性があるのかと言われたら確かに微妙ではある。僕らは点と点を気ままに何も考えず移っていくだけなのかもしれない。

そして作品全体に漂う陰鬱な雰囲気も特徴的で、NYを舞台としているが町並みが錆びれている。まるでスラム街のように建物が崩れ落ちゴミが多く、すくられることのない重い空気に満ちている。サウンドも間のずれた不穏な鐘の音が作品を支配していたり、NYのNo WaveシーンのグループLounge Lizardsのサックス奏者John Lurieのサックスがある。あまり意味がわからなかったけど、黒人の男がパリに渡ったけど成功しなかった「Over the rainbow」のテーマの先がどうしても思い出せないサックス奏者の話をしていたシーンの後でJohn Lurieが出てきて「Over the rainbow」を吹くのだけど、1小節も吹かぬ間に崩壊して即興演奏を繰り広げると言う印象的なシーンがあったりする。エンディングも一ヵ所に留まることの出来ない主人公がスーツケースを持ってパリへ立つシーンで、船で遠ざかっていくニューヨークの町並みに例の鐘の音とサックスで吹かれた「Over the rainbow」と表示されるスタッフロール。きっとパリに行ってもなんら変わらない漂流生活を繰り返すのを暗示するかのようなラストである。

僕の旅は終わらない休暇のようなものだ。


もっと簡潔にするつもりが長くなってしまいました。もっと短く書こう。
次は、『Stranger Than Paradise』(ストレンジャー・ザン・パラダイス 1984年)
201101090042436a3s.jpg

パーマネント・バケーションはカラーだったけど、これは白黒映画です。パーマネント・バケーションは話の筋が抽象的だったけど、これはとてもわかりやすい。こんな比較はあまり意味を持たないと思うけど、作風は前作と今作では違ったものになっている。

あらすじ書くと長くなるから大筋だけ書くと、三部に分かれていて、一部祖国を捨ててニューヨークに住む男のもとに、ハンガリーからいとこの女の子が転がり込んでくる。二部はクリーヴランドの叔母のところに経った女の子に友人と共に尋ねる話。三部は祖母の反対を押し切り女の子を連れてフロリダへバカンスへ行く話。全体的に淡々と進んでいく。

簡単な感想を。一つの台詞にドキッとした。詳しくは忘れたが大意は「どれだけ遠くへ行こうとも、結局はどこに行っても同じことだ。」ということで… 全くその通りだと思う(笑)どこまで行っても同じ景色に見える。どれだけ遠くへ行っても、自分が自分である限り何も変わらない・・・ 救いがないね。作中の三人も、いろんなところに行こうとして、結局どこに行ってもうんざりしている。

さて、主演は前作にも出てたJohn Lurieで、相方役は元Sonic YouthのドラマーRichard Edsonということで驚き。こんな配役にジム・ジャームッシュときてるからサウンド面も凝っている。といっても劇中に使われる音楽は二つだけ。チェロの印象的な弦楽器の4重奏の曲と威勢のあるヴォーカルが格好いいJay Hawkinsという人のロックンロール。それ故登場機会が多く非常に印象的。


最後は、『Down by Law』(ダウン・バイ・ロー 1986年)
c0207044_12181444.jpg

この作品にもJohn Lurieがチンピラ役で出演し、元DJの役でトム・ウェイツが出てくる。これはびっくりした。簡単なあらすじは、それぞれ仲間(?)に計られてニューオーリンズの刑務所までしょっ引かれた元DJのザックとチンピラのジャック。話したり喧嘩したりして時間を過ごすうちに英語が話せないイタリア人のロベルトが二人と同じ牢にぶち込まれる。三人で馬鹿やったりするうちにロベルトが脱獄を提案。簡単に成功するも色々大変な道のりを行くという話。ちなみにこれも白黒映画。

この映画、今年観た中でもかなり面白い映画だった。このストーリーだけでも実に面白く観れる。しかし、最も良いのはイタリア人のロベルトだと思う。彼が如何に良いのかは映画を観てもらったほうが早い。二人のアメリカ人を飲み込んでしまうくらいのキャラの良さがあり、彼を中心に話が動いていく。

最も印象に残るのは獄中で馬鹿をやるシーンで、"I Scream, You Scream, We All Scream for Ice Cream"とまさに叫んでるところで、刑務所全体に広まるんだけどこれが面白くてこっちまで笑ってしまった。こういう状況下にいるからこそ出来る馬鹿かも知れんけど、やっぱ馬鹿ほど面白いものはないと再認識させられた。

ところで、映画の途中、沼地をカヌーで移動するシーンで、またもや「どこも同じに見える」という台詞が出てくる。この台詞は、ある意味三つの作品の根底に流れるテーマのようなもので、この三つの作品でジム・ジャームッシュが最も言いたかったことなんじゃないかなぁと思ってしまう。『パーマネント・バケーション』の主人公はパリに行っても結局はなんら変わらない放浪生活を続けるだろうし、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』の三人はどこ行っても結局はうんざりしている。。。『ダウン・バイ・ロー』の三人の脱獄囚は最後それぞれの道に分かれていく。彼らが結局どうなったか誰も知らない。

とまぁこんな感じの三作品でした。中でも一番お勧めなのは『ダウン・バイ・ロー』ですね。ジム・ジャームッシュはミュージシャンの起用が多い監督で、世界も独特の陰鬱感やユーモアがあって素晴らしい。次は『コーヒー&シガレッツ』でも観ます!!

それではまたー。

スポンサーサイト
  1. 2012/11/12(月) 14:14:18|
  2. movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Osorezan/Mimidokodesuka

こんばんは

最近映画観たい欲が湧いてきたのでたくさん観たいと思います。

60年代のアメリカのカウンターカルチャーを描いた『イージーライダー』はとても良かった。まぁ、これ観た若者はそりゃバイクに乗りたくなりますわ。ピーター・フォンダとデニス・ホッパーが格好良くハーレーダビッドソンを乗り回してるからだけど、ヒッピーという一般的に見て社会変革に失敗した負け犬的な存在が格好良く感じた。これはツイッターでも書いたけど、彼らは既存の社会の風習や価値観を否定する存在で、冒頭でピーター・フォンダが時計を捨てるシーンがある。つまり時間という概念を既存の社会が時計で計ることから脱却し、時間の束縛から自由になるということを象徴してると捉えられる。彼らは太陽と共に行動し、日が沈むと休むという古代的な価値観に回帰してるといえます。それが現代人にとっては一種のノスタルジーみたいに感じるのかもしれません。いやぁ面白かったです。LSDとアルコールによるサイケ感がカーニバルのときのカメラワークにも現れてるし、劇中で使われる60'sロックンロールも渋い!!

とまぁそれは置いといて…



今回は当ブログにて何度か言及している多彩な音楽活動でジャンルで括ることの出来ない重鎮Jim O'Rourke主導のフリージャズバンド『恐山』のアルバムです。即興サイドのオルークですね。2005年東京Pit Innでのライブ録音をオルーク本人が編集したもので3曲収録41分の音源です。この恐山ですが、以前京都メトロでライブしたこともあるそうで、こんな凄い音源を出すならもっと早く前衛系に目覚めてたら良かったのにとか思ってしまいます。

編成はとてもシンプルなギタートリオで、メンバーはエレキギターのJim O'Rourke,ウッドベースのDarin Gray,ドラムスのChris Corsanoの三人。ベースのDarin Grayは古くからオルークとの共演歴があり、僕の手持ちのCDのなかでは1997年に名盤『Bad Timing』にてベースを弾いているのが確認できる。ドラムスのChris Corsanoはフリージャズ系のドラマーで、ビョークのサポートドラマーとしての顔も持つ。当ブログではサックス奏者Paul Dunmallとのデュオ『Identical Sunsets』なんてアルバムも紹介してます。

前置きはこのぐらいで内容を見ていきます。

#1,Form Of The Collapse If A Collapse Should Occurは静かなオルークのギターとベルやチェーンなどの金物を使うコルサノの静かなインプロから突発的に爆発させる7分くらいの短い演奏。

#2,All We Know So Farは真っ暗な部屋に浮かび上がる焔のような侘び寂び感じるオルークの情緒溢れる間を取ったギタープレイにグレイとコルサノが静かに応じる渋い展開。しかしオルークが持続音を作り始めるところから様相が変わっていき、リズム体が少しづつテンションを上げていくのも束の間、轟音インプロに雪崩れ込んでいく。まるで地の底から響いてくるようなコルサノのタムを転がす音と、その上から鉛筆で塗りつぶすように被せられるオルークのノイズ。そして2者から発せられる轟音の間を切れ込んでいくグレイのウッドベースという感じで凄まじいテンションで加速していく暗黒のおどろおどろしい世界を構築していくこれぞ正に『恐山』の演奏である。やがてオルークがフレーズのようなものを構築していくなかで演奏全体にブレーキがかけられたように減速していく。そして再び静に回帰していくという様相を見せる14分間。

19分の#3,In Additionも序盤はオルークの音を選ぶようなクリアな音のギターとそれに付き合うコルサノの金物使い。そのような幽玄な世界を描きつつも徐々にオルークのギターが歪み始めて音数も多くなっていき全体が高揚し始める。コルサノがタムを叩き始める/グレイがアルコで加わるところで演奏は一気に臨界点まで。感情のままに掻き毟られるように弾かれるギターがひしゃげて引っくり返ったノイズを撒き散らし空間を埋めていく。コルサノ葉それに圧倒的手数の多さで応え、グレイも負けじとぶっとい低音を叩きつけていく圧巻の三位一体のグルーヴ。ここまでは#2と似た展開だが、終盤はオルークがドローンを生成してコルサノがタイトなドラミングでそれに対応していく。構築された低音の響くドローンと変幻自在のドラム、やがてその音も遠くなっていきゆっくりと幕を閉じる…

静と動がはっきりしてて、どちらも単純にかっこいいです。繰り返しになりますがオルークの侘びのギターに寄り添う二人のリズム体。あるいはオルークの弾き倒すギター、コルサノの凄まじい手数、グレイの太く暗黒的なベース。これがこのバンドのサウンドです。ダークな世界へ誘ってくれるので真っ暗な部屋で大きな音で聴くと良いでしょう。

なおこの恐山はサックス奏者の坂田明さんとも何度もセッションを繰り返し、音源もいくつかリリースしてるようなのでそちらも聴きたい。

動画:恐山としての三人の動画はなかったのでChris CorsanoとDarin Grayの二人のユニット『ちかもらち』の動画と坂田明とちかもらちのアルバムのプロモーション映像。ゲストとしてJim O'Rourkeと八木美知代さんが参加してます。



  1. 2012/11/08(木) 02:12:32|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

衛藤ヒロユキ/魔法陣グルグル2 第1章

魔法陣グルグル…90年代に子供時代を過ごした方なら知ってる人も多いと思いますが、そうですキラキラという剣を使いネコっ毛でバンダナが好きな勇者と、その勇者と旅をする黒いローブを着たみつあみのかわいい女の子が杖で地面にグルグルっと絵を描いてユニークな魔法を使うあれです(あとキタキタとか)。

べームべームとかとかげのしっぽとか長い声のネコとか覚えてる人は多いと思うのですがどうでしょうか?
ていうか小学校の頃ノートに魔法陣描いてた人多いんじゃないでしょうか?
(あとキタキタとか覚えてる人多いんじゃないでしょうか?)

RPGの世界観(衛藤先生はかつてゲームライターをしていたほどのゲーマーで、グルグル連載前はドラクエ4コマを執筆。シュール極まりない切れきれギャグを量産してました)と衛藤先生しか書けないような独特な切り口のギャグが交わり、さらにかわいいキャラと変なオヤジを量産し、そこにメルヘン趣味と東洋の世界観やほのかなサブカルテイストを全部洗濯機に入れてぐるぐる回したようなごちゃごちゃな漫画です。衛藤先生いわく「グルグルはコマの集まり」な漫画。一こま一こま切り取っても僕にとっては宝石です。

個人的な話をお許しください。僕がグルグルに出会ったのは小学校1年生のときで(年ばれるな)、丁度グルグルの最初のアニメがやってたときです。実はアニメ版グルグルにはトラウマがありまして、この頃に今の場所に引っ越してきたのですが、テレビの搬入がアニメ最終回の時間と重なってしまい、まぁ見事に白黒画面でして大泣きしてたんですよね。それで数年後にもう一度アニメ化されたのを期にグルグルの単行本を手にしたのが始まりでした。12~3巻からラスト16巻まではリアルタイムで追えました。フィナーレが最高でしたね。それ以降、10代の僕に最も影響を及ぼしたと言っていい神聖な書物になってしまうんです。僕は今20代前半ですがグルグルを超える漫画にはまだお目にかかれておりません。というか漫画からはもうずいぶん離れてしまってるんですけど、仮にまた漫画にはまったとしてもグルグルは別格の位置に置かれて不動のものになっているでしょう。

衛藤ヒロユキ先生は魔法陣グルグル11年の連載を終えたあとは以前記事に書いた『がじぇっと』や『衛星ウサギテレビ』やいくつかの短編と『週間私のキモいペット』、そして魔法陣グルグルのスピンオフ作品でキタキタおやじが主人公の『舞勇伝キタキタ』を連載…


そして満を持して魔法陣グルグルが再起動。9年越しの復活を2012年11月1日果たしました!!
魔法陣グルグル2-漫画- ガンガンオンライン
いやもう何と言うか、とにかくむっちゃ嬉しいです。WEBマガジンということで、最新話が無料で一ヶ月限定で読めるようになってます。グルグルのことを知ってる人も知らない人も是非読んでほしいです。早速僕も読みました。

以下で簡単な感想でも…(ネタバレあるかも)
グルグルが再開するに当たって以前からの読者が気になるところというのは、
①時間軸
②ニケの呼称
③ククリの容姿(絵柄)
といったところでしょうか。
①の時間軸に関しては魔王ギリが封印されて2週間後(笑)の世界で、時間軸は一期魔法陣グルグルと舞勇伝キタキタの間と思われます。キタキタの時間軸とどう関わるのか気になりますが、設定はあまり気にせず読むのがいいと思いますね。
②に関しては…まぁ読んでくださいと言えばいいでしょうが、ククリは変わらないですねぇ。実に照れ屋さんでして「ニケ君」と呼ぼうにも恥ずかしくて以前のように「勇者様」と呼んでたり、詰まりながら「ニケ君」と呼んでたり呼称は安定してないですね。でもそれが今回の一話の重要(?)なファクターになってたり…
③これは僕が今回非常に驚いたことです。ククリがみつあみじゃない!!!以前修行編のときに髪を切ったことはありますが、今回の髪型変更は以前のそれとはまったく意味が違います。まだ確かな言葉にすることはできないけど、みつあみを解く=ひとつの時代(グルグル1の時代)が終わっているという事実を読者に提示するものではないでしょうか。グルグル2だから1が終わっているのは当たり前のことなんだけど、16巻の最後のコマで時間が止まってたので、また動き出した時間にたいして呆然としてしまうのです。4ページのククリもう10回くらい見て愕然としています。
絵柄は、舞勇伝キタキタのをそのまま引き継いだくらいの絵柄です。衛藤先生は頻繁に絵が変わる漫画家なので、どの時期の絵柄が好きか好みで分かれるのですが、よく見てるとグルグル後期のような感じもしてきます。個人的には衛藤先生のどの絵柄にも良いところがあるので、「この頃の絵がいい!」っていうのはないです。

まぁ再びニケとククリの冒険は始まるようです。一話は導入部分のお話でしたがとても期待の持てる感じで非常に良かったです。ギャグも相変わらずでキタキタにはあまりなかったクサい部分も早速ありましたし、どっからどう見ても魔法陣グルグルは魔法陣グルグルでした。早速次の話が読みたいです。

毎月感想を書いていくかもしれません。よろしくお願いします。



  1. 2012/11/01(木) 01:39:16|
  2. book
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

石野裕也

Author:石野裕也
アンテナは広く、フィルターは狭く

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

music (102)
未分類 (14)
trip (1)
book (6)
fashion (6)
movie (2)
anime (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR