wee-jay

瞑想(迷走)中です。

『たまこまーけっと』から共同体について考える

『たまこまーけっと』終わってしまいましたねー。Twitterのほうで興奮しながらツイートしてたので個人的には最高に良いアニメでした。たまこたちの日常はこれからも続いていくのでしょうが、現実では永遠に放送することは出来ないですし、また、テレビ番組には永遠は存在しないかもしれません。サザエさんだっていつかは終わるときが来るかもしれません。そしてたまこまーけっとも例に漏れず終わって、しばらくのCMと再放送(やってほしいですねー)以外で電波に流れることはもうないです。それはとっても悲しいなって。

さて、たまこまーけっとは何を描きたかったのでしょうか。勿論色んな側面がありますが割と明確だったのは「地域コミュニティーの暖かさ」でしょう。この作品で描かれていた地域(うさぎ山商店街)のコミュニティーはかなりウエットなもので、「うさぎ山商店街」の餅屋の娘たまこを中心に商店街の人々や学校の級友との交流を描き、南の国人々であるデラやチョイが絡んできて話を動かしていくというものでした。登場人物一人としておろそかに扱うことの無いというか、すべての登場人物をなるべく等価に描くということに配慮がされている。最終話のたまこの商店街のことを語る台詞に表れてますね。幼少のころは商店街の大人が遊びに付き合ってくれて、学校に上がってからは出かけるときおはようと言ってくれ、帰ってきたらお帰りといってくれる・・・この商店街に生まれてよかったと。まあかなり密な人間関係が築かれてます。

それを踏まえて京都アニメーションのスタッフが言いたかったことは
「僕たちが平和なら協力しあって手を取り合っていけばうさぎ山商店街のような世界を作れる。」
ってことなのかな。言い換えると、さっき上でたまこまーけっとが電波で流れることは無いと言ったけど、もしたまこまーけっとの13話を作るのならそれは僕たちみんなの手によるってこと。ちょっと大袈裟すぎるか。

一方で現実世界では地域コミュニティの希薄さが指摘されていて、その希薄さのカウンターとしてのたまこまーけっとであるとも捉えられて、これが基本的な捉え方であると僕は思う。しかし、人間関係は希薄なほうが良いという考え方も当然理解できて、人間関係は煩わしくてそっちのほうが心地よい人もいることは当然である。僕もむしろそっちのほうが好ましく思っている部分も少なからずある。地元は大好きだけど、当然あまりよく思っていない部分もあるので僕が地域コミュニティーについて立場を表明するのはしばらく保留せざるを得ない。したがってたまこまーけっとで描かれた地域コミュニティーの密接さについての良し悪しも保留しなくてならない。うさぎ山商店街は地域コミュニティーのあり方のケースモデルの一つであると言うに留めておきます。

しかし、見た人の中には暖かい気持ちになった人も多いでしょう。僕もそうです。この気持ちがどこからくるのだと考えたとき、その原因は「懐かしさ」や「ノスタルジー」という類のものではなく、実は、本当のコミュニティの暖かさを感じたことが無いからだと思う。もしくはそこから離れていったから。「憧れ」ともちょっと違う。僕の住んでいるところは田舎だけど、このアニメを見ながらこういうことを考えていたらこんな暖かさを感じたことは無いと思ってしまった。また、うさぎ山商店街の例は極端なもので、登場人物に悪人は一人もいない。こんな世界を作ることは生半可なものではないし、現実のもっと小さな共同体でも「悪」は芽生える。たまこまーけっとではそれがない、もしくは隠されている。そういうところと現実との乖離に何か寂しさでも感じたのかもしれない。

しかし、ただひとつ言える事は、「Everybody Loves Somebody」、このアニメの根底に流れる言葉ですが、この言葉、猛烈に良いですよね。
「僕たちが平和なら協力しあって手を取り合っていけばうさぎ山商店街のような世界を作れる。」
やっぱ作れるに越したことはないかな。



スポンサーサイト
  1. 2013/03/29(金) 01:37:27|
  2. anime
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年のアニメについて書き連ねてみた

今年のアニメも終わりつつあるので、2012年のアニメついて書いてみたいと思います。観たの全部は無理なので特に良かった5作品を取り上げてます。良かったらお付き合いください~

2012年のアニメは、2011年の去年と比べると小粒なものが多い印象があります。と言うのも、2011年はまどマギ・あの花・タイバニといった商業的にもでかいヒットを飛ばしたアニメが多かったからで、2012年はここまで話題になった作品はなかったからだと思います。しかしそうは言っても2012年だって面白いアニメは沢山ありました。年々アニメ視聴する本数は落ちてるけれども、その中でも見たアニメはほとんど面白かった。


今年は音楽を題材にしたアニメが面白かった。音楽で第一に浮かぶのが『坂道のアポロン』でしょう。素晴らしい青春ジャズアニメだったと思います。これ観て昔聴いたジャズのCDやLPを取り出して聴くことが多かった。Portrait in JazzやChet Baker singsなど聴き始めに誰もが通る名盤を再び聴いたことで初心に戻ったりして。この辺の音はなかなか聴き返さなかったんでいい機会だった。でも何よりこのアニメの醍醐味と言えるセッション(文化祭での薫君と千太郎君のデュオや淳兄と千太郎の喧嘩セッションが特に)が素晴らしく、作画も昭和の米軍基地の近くの雰囲気が出てて凄く良かったです。
あとは『TARI TARI』でしょうね。これ観て高垣さんはやっぱ歌上手いなと思った。合唱部5人は、どんな困難や妨害に遭いつつも屈することなくひたすら前に突き進むという姿勢が僕に壁を破壊させました。最後自分たちだけの文化祭をするシーンはさすがに感情移入してしまった。何かまるで観客の一人になったかのような感覚で、ひたすら頑張れ頑張れと応援してた気がします。何より良かったのは最後の最後、卒業後の話。文化祭が終わって、ひとつの時代が終わってもそこで終わることなく再び新しい道を歩み始めるところで幕を閉じるのが良い。視聴後30分ほど経って気づいたら床に穴が開いてた。こういう純粋な真っ直ぐなアニメ、大好きです。


そして何より強烈だったのが『あの夏で待ってる』です。これは何とも清清しくも観る者の心をズタズタに引き裂いていく青春群像劇でした。視聴者の胸を苦しくするのは、誰と誰がくっつくかといった色恋沙汰の経過と結果というよりもむしろ、夏という季節設定と抑圧してた感情の放出とむせ返るような青春の煌きだと捉えた方が正しいかも。結果がどうなろうと起こったことがすべてが尊いんですね。実際夏に放送してたら心が死んだ人もいるんじゃないでしょうか。柑菜ちゃんが可愛すぎてもう…

それと、ツイッターなどでいろんな感想見てると、「心理描写が荒い」とか「すっ飛ばしてる」みたいな意見もあった。僕としてはあまりそんなこと感じなかったけど、以下の文はリアルタイムでツイートした文の引用です。答えになってるか分からないけど。
ー小説でも映画でもアニメにしても描写されてない部分、これをどう捉えるか。ヘミングウェイの言葉を引用します。「作家は自分の書いていることを充分よく知って、分かっていることを省略したとしても、作家が真実を書いている限り、読者は作家が実際書いたと同様に強くそれを感じることが出来るのだ。」
ー何というか物事の原因・理由には必ずしも一つの事象や感情だけが当てはまるとは限らない。色んな要素が輻輳的に集約されることによって結果が構成されることも往々に良くある。「従って〇〇だから××になった」という原因・理由を一つのものに求めることだけが正解とは限らない。
ーもしそうでないなら小説にしてもアニメにしても実生活にしても「あの人は何で泣いているんだ?」という問いなんて簡単に解けるもんね。実際はそんなことはないし、その感情の主でさえも正しく説明できるか分からない。色んな原因が絡んでるということを前提に考え出さないと解釈の精度は上がらない。
ーそんな単純ではない人間という生き物をときに輻輳的に、ときに突発事故のように衝動的に描いた素晴らしいアニメだったと思います。構成・演出・カメラワークも素晴らしかった。製作スタッフの皆さんお疲れ様でした。毎週楽しかったです。  #natsumachi

う~ん今改めてツイート見返すと少し恥ずかしい。これだけ興奮してたんだなと。まぁ心情の原因と結果や、物語とはどうあるべきかについてもいろいろ考えさせられた。アニメを順位付けする必要はないけど、あえて言う。あの夏が今年の僕の中で覇権です!!


京都アニメーションからは『氷菓』のストーリーテリングのレベルでずば抜けていたと思います。謎解きなんか見てても「おーっ」てなるような見事なものだったし、古典部4人の心理的な距離感を精緻に描いてあってすごい見ごたえ、まぁ千反田さんはひたすら折木に近かったですが。あと、原作がかっちりした小説だからなのか…映像と音声で視聴しているのに活字を読んでるような感覚がしたのも珍しい。はじめは女の子が可愛かったですが回を追うことに男キャラの折木が異様に可愛く思えてきて(笑)2クールからのOPの折木なんか最早愛らしかったです。モーホーじゃないです。
同じ京アニの『中二病でも恋がしたい!』は舞台がまさかの地元で、けいおんで学校は滋賀が使われてたけど普通に遠いので地元という感じはなかったけど今度は正真正銘の地元。馴染みのある場所でリア充的行為されると何とも言えないけど、知ってる場所がたくさん映るのは嬉しかった。今最終話を観終わったところだけど、このアニメは一口に感想を言えない。あえて言うと、これ観てるときずっと思ってたのが、"同類"に出会えるって凄いことなんだと。何かいろんな場面で、いろんな人が集まることで力が発揮される的なことがよく言われるけど、同類が集まったってこれだけの力が生まれるんだなと、まぁアニメなんですが。でも、同類だからこそ勇太をはじめとしてみんなは六花ちゃんを真の意味で受け入れ、六花ちゃんを救ったことは事実。また、中二病であるからこそ言えなかった言葉を言うことができた、見えないものを見ることができた。不可視境界線まで見せてあげられた。自分に決着をつけることができた。尊いことだと思った。今言えるのはこれくらいかも。思い立ったら加筆するかもしれません。


すばらしいアニメに出会えて今年も大満足でした。来年はどんな作品が出てくるのかな。

おまけ:今年のベストアニソン

正直これ一択だった。美しい曲、きれいなEDアニメーション。最高です。

  1. 2012/12/20(木) 01:55:38|
  2. anime
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

石野裕也

Author:石野裕也
アンテナは広く、フィルターは狭く

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

music (102)
未分類 (14)
trip (1)
book (6)
fashion (6)
movie (2)
anime (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR